2011年10月16日

オバマ大統領の焦り!

2011年10月12日放送分
「 オバマ大統領の焦り! 」

アナウンサー:
青山さん、お早うございます!
さあ、今日はなんでしょうか?



青山氏:
お早うございます。
今日は、拉致問題について、



お話をしたいのですが、
拉致問題は、皆さんご承知の通り、



麻生政権から、ずっと、
この方、何も動きがないのです。



アナウンサー:
ないですね〜!



青山氏:
はい!
最後に動きがあったのは、



福田内閣の時に、再調査をやりましょうと、
一旦、日朝が合意しところが、あっただけです。



その、再調査も、行われないままになっています。
ところが、最近、ぽつぽつと、ニュースで、



ヒョットしたら動いているのかな、
とリスナーが思われる事が起きています。



1つは、先日、10月5日、
横田めぐみさんの、47歳の誕生日がありまして、



その時の、集会でめぐみさんのお父さんの、
横田滋さんご自身から、実は、今年に入って、



1月半ばに、まず、前原外務大臣に対して、
北朝鮮から、事態を動かしたい、



と言う働きかけが有ったと、
ところが、前原さんがその後、



在日韓国人の方の、献金問題で辞めて、
また、動きが止まったけれども、



その後、一部報道によれば、
元総理に働きかけが有ったり、



色々あるようだと言っています。
滋さんは、民主党の内部の会合で、



拉致問題については、イザとなったら、
泥をかぶれ、と言う発言もあったと、言う事です。



詰まり、これは、極、一部の人だけ、
例えば、日本に帰国するとか、



と言う事をやって、他の人を見捨てる、
と言う事に、つながらないかと、



心配している、と言うお話があったのです。
そう言う、動きが矢張りあるのか、



始まっているのかと言う、
と考えた人もいると思います。



それから、直ぐ後に、野田総理ご自身が、
横田滋さんを含めてた、拉致被害者の方々と、



会った時に、自分が北朝鮮に行きたい、
と言う発言もしましたね。



それから、チョッと前を思い出して頂くと、
元拉致問題担当大臣だった中井さんと言う人が、



中国に行って、北朝鮮側の外務省の高官で、
ソン・イルホさんと言う、人と会談したと言う事です。



中井さんは、これを完全に、否定していますが、
間違いない事実です。



こう言う事からすると、さっき申しました通り、
リスナー、国民側とすると、野田政権が、



何か、動かそうとして、努力してるのかな、
と言う事を、思われると思いますが、



事実は、実は、今回、以外にも、
北朝鮮の側から、働きかけが有っている



アナウンサー:
あ〜あ、北朝鮮の側から?



青山氏:
はい!
それは、私なりに、



国内外の情報機関の当局者と会いまして、
それを確認しました。



そして、一切、表に出ていない事実を、
申しますと、実は、北朝鮮は、



北朝鮮と関係ある高名な芸能人を使って、
芸能人のルートを使って、



日本の拉致議連の非常な、
有力な政治家を、北朝鮮に招こうとしました。



アナウンサー:
ほ〜う?



青山氏:
その政治家は、一旦、行きたいと言う、
意欲を示したんですけれども、



周りの人が、如何にか止めた、
と言う事もあったのです。



と言う事は、この拉致議連の有力政治家、 
それから、野田総理、そういう人を、



北朝鮮が呼びたいのであれば、
当然、そういう人が、ピョンヤンに行けば、



少なくとも、何人かの拉致被害者を、
連れて帰って、良いですよ!



と言う風に言うんじゃないかと、
皆、思うと思いますね。



私も、さっき、言いました通り、
国内外の情報当局者と会った時に、



そこを、一つ、勿論、ポイントを,
置いて聞いた訳です。



私は、最後の一人まで取り返すのだけが、
拉致問題の解決だと強く信じていますから、



そういうやり方は、反対ですけれども、
しかし、それを、一番に聞きました。



そうすると、見事に、その答えは、一致して、
それは、実は、違うんだと言う事なんです。



アナウンサー:
違う?



青山氏:
はい!
北朝鮮は、一体、何が狙いかと言うと、



今、実は、6か国協議を巡って、
非常におかしな動きになっているのです。



少し前に、オバマ大統領が、
アメリカの方針を、実は、大きく転換しました。



と言うのは、北朝鮮が、モラトリアム、
つまり、執行猶予をやるなら、いいよ!



何の執行猶予かと言うと、
3回目の核実験はやりません!



これ以上の核開発は、取りあえずやりません。
それさえ,保証してくれるんだったら、



6か国協議を開きたい,とオバマさんは、
方針を変更したんです。



これは、実は、大変な事で、と言うのは、
3度目の核実験をやらなきゃ、



今までの2回の核実験は、
国際社会として、認めようかと言う事です。



即ち、北朝鮮は核保有国として、
もう、認めてしまうと言う事です。



オバマさんは、これは、焦りから出ていて、
中東外交もうまく行かないし、



経済問題、失業問題で、再選すら、危うい!
もう、朝鮮半島に,



手を突っ込んでいる余裕はないから、
ここで一つ、目に見える事をやりたいと、



オバマさんの本音らしいんですが、
実は、中国、ロシアの乗っかって、



実は、日本の拉致問題が有りながら、
これに、乗っかる姿勢なんです。



どうしてかと言うと、今、野田政権は、
例えば、アメリカに嫌われた、



鳩山、菅両政権が,潰れたことを考えると、
兎に角、アメリカに気に入ってもらわないと、



政権が続かないと言う事で、
今まで以上に、自民党政権時代以上に、



アメリカに媚びる形になっています。



アナウンサー:
TTPなんかも、そうでしょうね?



青山氏:
そうです!
その中で、誰が反対しているかと言うと、



韓国なんです。
如何してかと言うと、



ご承知の通り、チェナン号と言う船を沈められて、
そして、テヨンピョンドを砲撃されて、



合計、50人の韓国人を殺されながら、
アメリカが、文句を言うな、と言うもんだから、



韓国は、ずっと静かにしているのです。
その韓国は、来年、12月大統領選挙で、



もう、大統領選挙が視野に入って来ている訳です。
今の、イン・ミョンバク大統領は、



韓国は一期5年しか,大統領を出来ないと言う,
制度ですから、再選は有りませんが、



でも、自分に近い人が大統領にならないと、
また、自分が逮捕されるとか、



韓国の御馴染みの,
騒ぎになるとも限らないから、



今,ここで、北朝鮮にアメリカに,
言われたからと言って、



妥協したら、韓国国内は持たない訳です。
だから、それに、反対して、



韓国が踏み留まっているから、
北朝鮮の戦略として、日本に拉致問題で、



揺さぶりを掛けて、
日本が,もっと明確に,六か国協議に,



賛成するようにして、
兎に角、韓国を完全に孤立させる、]


と言うのが、実は、戦略な訳です。
拉致被害者を返すためではないんです。



従って、今日、最初に申しました、
横田滋さんが、今、何とおっしゃっているかと言うと、



滋さんだけではなくって、
家族会の主なメンバーの方々が、



勿論、意見の違いもあります。
家族会の中にも。



しかし、滋さんが、
何とおっしゃっているか,と言いますと、



ミサイルとか核開発で制裁をやりながら、
どうして拉致問題で、厳しい制裁が,



出来ないのですか、とおっしゃっています。
そうして、さっき申した通り、



福田政権の時に、再調査を約束した、
北朝鮮が、そのまま、再調査をしていない、



と言う事を、捉えて、制裁をやって下さい.
とおっしゃっていて、私は、それに賛成をします。



その上で、北朝鮮が、そう言う事に、
一切、応じないのであれば、



この度は、アメリカにも、
言わば、抗議をして、



六か国協議に対して、
日本は、六か国自体の仕組みを辞めましょう!



と言う事まで、言うべきです。
何故かと言うと、六か国協議を変質させてのは、



アメリカ自身ですから。
ここは、日本の拉致被害者を誘拐されたままの、



日本としても、本来の日本独自の外交と言う物を,
ハッキリ主張すべきだと思います。



アナウンサー:
そうですよね〜!その通りだと思います。


今日の放送はここまで。
posted by アブ at 21:57| 中国、韓国、北朝鮮関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。